» 毛の処理についてのブログ記事

4月の終わりころから、クロップドパンツをはくようになりました。
暖かくなってきて、夏が近づいたような気分になったからです。
そして、クロップドパンツというものは、くるぶしのあたりが少しだけ見えるのです。
しかし、ムダ毛については、あまり気にも留めずにいました。
でも、ある日気がつきました。
足元に、少しだけムダ毛が目につくのです。
しかも、濃くて太いムダ毛です。
男のすね毛を薄くする方法は参考になります。

これにはちょっと恥ずかしくなってしまいました。
ひざ下のムダ毛というものも、夏場には気にしていましたが、まさかクロップドパンツでこんなことになるなんて思ってもなかったのです。
それからは、まだ本格的な夏になっていなくても、ひざ下などのムダ毛処理をしっかりとおこなっています。
ほかの人の足を見てもムダ毛が気になってしまうことがあります。
そんなことから、自分の足のムダ毛も目立ってしまうと考えています。
ひざ下のムダ毛が気になるのは、ハーフパンツやスカートをはいた時だと考えがちです。
しかし、その他にも気をつけるべきポイントがあるのだと実感しました。
クロップドパンツでも、ムダ毛は目立ってしまうのです。

私のムダ毛処理方法はカミソリです。
ムダ毛が気になりだしたのは中学校の時でまわりでもムダ毛処理している友達も多くいたため自分も気になるようになり始めたのがきっかけです。
最初はどのように処理していいかわからずドラッグストアに行っては売り場で悩んだりしました。
私が今まで体験したことのあるムダ毛処理方法は泡状のクリームをぬって時間がたったらふきとるタイプのものや貼り付けてはがすタイプのもの、カミソリです。
泡状のふきとるタイプのものは綺麗にムダ毛処理することができなかったためあきらめました。
貼り付けてはがすタイプのものは、はがす時あまりの痛みに涙が出てしまうほどでそれもあきらめました。
最終的に一番ムダ毛処理しやすいのがカミソリでした。
昔はカミソリといえば男性用のカミソリばかり売られていました。
そのためとてもムダ毛処理しにくかったのですが、最近では女性用のカミソリの種類がとても増えました。
肌を傷つけないように工夫されているカミソリやとても持ちやすいものなどがありとても便利です。
剃り残しもたまにありますが私が一番ムダ毛処理しやすい方法がカミソリです。
手間を考えたら脱毛サロンのほうが楽っていうのはわかっているんですけどね。
予約が取れる脱毛サロン

ムダ毛処理をめんどうくさい、というように感じているひとも多いこととおもいます。
やはり、当たりまえのことですがムダ毛というのはいくら処理してもまたすぐに生えてくるものです。
ですから、この処理というのは定期的に繰り返さなければなりません。
毎回、綺麗な処理を心がけて、というのはなかなかめんどうさくなるものだとおもいます。
そこでやはり、そういっためんどうささ、というものを回避するためにも、やはり脱毛を推したいとおもいます。
いちど脱毛をしてしまえば、もうムダ毛処理のめんどうささ、というものを味わわなくてもすむためです。
とくに最近ではかなり安価に処理をしていくことのできるサロンというものが増えています。
ですから、かなり安価に処理をしていくことができるようになっています。
なので、脱毛というものも気軽に選ぶことができるようになっているということができるということです。
たしかに脱毛はかつてはお金がかなりかかってしまうイメージがありましたが、それはもう過去の話です。
いまではかなりおもっているよりも安く受けることができます。
全身脱毛は何回で効果があるのか?調べてみました

髪を洗った後ドライヤーで乾かしますか?それとも自然乾燥していますか?ドライヤーは髪が傷みそう、ドライヤーをかけるのが面倒、という理由で自然乾燥している人も多いと思います。
でも実は自然乾燥の方が髪に良くないんです!洗髪後の髪はキューティクルが開きっぱなしになっていて非常にデリケートな状態です。
そんな状態でずっと放置していたら、傷んでしまうのも当然の話なんです。
なのでキューティクルを早く閉じさせるためにもドライヤーで乾かした方がいいんです。
更に、自然乾燥だと髪が濡れた状態で長時間過ごすことになりますよね。
そうすると雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの元となります。
また、風邪を引いてしまうかもしれません。
しかし、ドライヤーも使い方によっては髪を傷めてしまいます。
あまり同じところばかりに風を当てたり、早く乾かしたいからと言って髪に近づけすぎたりしてはいけません。
髪から大体15~20センチくらい離して乾かすといいでしょう。
8割くらい乾いたら冷風に切り替え乾かします。
これでキューティクルをしっかり閉じさせることが出来ます。
面倒でもドライヤーを使って乾かす方が髪にいいですよ!。

脱毛サロンと言えばクリニックで行われている医療レーザー脱毛よりも
使用する光の出力が弱いということで痛くない脱毛とか刺激が少ないという
メリットがありますがそれでもやはりある程度は痛みを感じたり刺激を
感じたりするわけなのでそれが一体どの程度のものなのかと気になっている人も
いると思いますが、その中でも特に刺激に弱い敏感肌の人とか痛みは苦手と
いう人にオススメの脱毛がハイパースキン脱毛という方法です。
このハイパースキン脱毛も光を使っている脱毛なのですが刺激や痛みでいうと
脱毛サロンの光脱毛に比べると随分抑えられるというかもはやこのレベルに
なると無痛といってもいいレベルになってきます。
脱毛に至る仕組み的な部分は異なるのですが効果もそれなりにあるので
そういった人を中心に人気になっている脱毛法でテレビでも特集されていましたね。
普通脱毛サロンの無料カウンセリングの際などにはどれぐらいの痛みを感じるかと
いう質問には輪ゴムで軽くはじいたぐらいという回答が多いのですがハイパースキン脱毛の
場合はその程度の痛みもなくただ単純にちょっと暖かいぐらいなんだそうです。
なのでこの脱毛法で痛いという人はまずいなくて子供なんかでも全然平気みたいです。

私は、毛深くて剛毛なので、永久脱毛に関心を持ちつつも、どこのサロンに行ってよいのかわからず、痛みに対する心配などもあり、何となく不安で、行けずにいました。
なので自分で処理するしかなかったのですが、剃刀でいくら念入りに剃っても、毛根が残ってしまい、肌に残る黒いブツブツをどうすることもできません。
また電動の脱毛器を使ったこともありましたが、これは剃刀のようにブツブツも残らず、割ときれいにできるのですが、結局はある程度の間隔で手入れしていかなければならず、面倒なことに変わりはありませんでした。
更に肌の調子や力の入れ具合によっては、かぶれたようになってしまうこともありました。
色々試した結果、つるつるお肌を安全に手に入れるにはサロンでの脱毛に限るのだと思い、友人に勧められたサロンに、意を決して行ってみることに決めました。
最初こそ不安でしたが、サロンの落ち着いた雰囲気や、スタッフさんのフレンドリーな感じに気が付くと和んでいました。
さて 肝心の「痛み」についてですが・・・、思ったほどではありませんでした。
部分的に痛みを強く感じたり、Vゾーンは噂通り、ちょっと忍耐が必要かもしれませんが、それ以外の場所は許容範囲内です。
何よりも毛穴が目立たなくなることで、すべすべで透明感のある肌を手に入れられるのですから、もっと早くサロンに行っておけば良かったと、心の底から思いました。
全身脱毛ができる脱毛サロン

ちょっと料金が高いですが通ったら絶対に楽だなと思うのが全身脱毛ですね。
全身脱毛と言っても全部が全部同じというわけではありません。
エステサロンやクリニックの違い、その中でも店舗ごとによって料金が違えば
施術をしてくれる範囲の違いというのもあるので安易で全身脱毛とはこういうものだと
決めつけていると実際に施術になった時に違ったということが多いです。
この辺は明確な定義がないのでややこしいところですね。
例えば脱毛サロンを例に挙げると全身脱毛と言ってもその中でパーツが細かく分かれているので
どのエステサロンでも同じように脱毛の施術をしてくれるというわけではありません。
そのため料金も当然違ってきますよね。
一概に全身脱毛の料金だけを比較しても他の条件が違うなんてことが多いのです。
また、大体は何回かのセット料金を表示しているサロンが多いです。
一番全身脱毛の回数として多いのは6回が基本みたいな感じになっていますが
当然それで脱毛が完了するというわけではありません。
6回だけで満足できたという人もいるでしょうし、6回じゃ全然足りないという人もいます。
そういったことも考えてから申し込みをしないと後で損をする結果となってしまいます。
とは言っても全身脱毛である程度ムダ毛処理をしたら自己処理をそんなにする必要も
なくなるので大きな魅力ですよね。
http://安い全身脱毛jp.biz/

欧米では当たり前となっていて日本でも数年前から増えてきているのがハイジニーナ脱毛です。
ハイジニーナ脱毛とはなんなのかというと、元々はハイジーン(衛生的)という言葉からきていて
VIOラインといういわゆるデリケートゾーンの脱毛をすることを言います。
水着を着る場合やローライズファッションを着る場合などの時にハイジニーナ脱毛をしていることで
毛がはみ出て恥ずかしい思いをするという最大のリスクを無くすことができます。
もちろん、そういう理由でしている人も多いのですが、もう一つの理由として衛生的にも
ハイジニーナ脱毛をすることでメリットがあるという人も多いです。
デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい部分でもあるので生理の際のかゆみや不快感が
軽減されて清潔な状態を保つことができるというのもメリットと言えるでしょう。
自分でデリケートゾーンのムダ毛処理をしている人も多いと思います。
ハイジニーナ脱毛の場合は施術の時に恥ずかしいのではないかという不安を感じている人も多いです。
実際にはエステサロンなどで施術を行っている人は慣れているわけですし、施術の際も
紙パンツを履くことになるので全てがオープンになっているわけではないのですが最初に
行く時は少しの勇気が必要になるかもしれませんね。
ただ自分で処理をする場合のあの無様な恰好をすることに比べると同じような恥ずかしさと
言えるのではないでしょうか?
当然自分で処理をするよりはエステサロンなどにいって処理をしてもらったほうが仕上がりも
脱毛効果も満足の行くものになるということは間違いないでしょう。
エピレのVIO脱毛2回で効果はある?

脱毛サロンの中でも人気が高いのがミュゼプラチナムや脱毛ラボといったエステサロンです。
この二つのサロンで採用されている脱毛方式というのがS.S.C脱毛と呼ばれるものです。
エステサロンでよく行われている光脱毛の分野ではS.S.C脱毛が最先端だと言われています。
これはフィニーブという植物から抽出された様々な抑毛成分が濃縮されたジェルを使い、
そのジェルにのみ反応するクリプトンライトという光を使った脱毛の施術です。
脱毛サロンと言ってもどこでも同じような方法で施術を行っているわけではありません。
使用している機器が自社開発や国内製造、海外輸入などいくつかのパターンがあります。
光脱毛という施術方法は同じでも厳密に採用されている方法は違うのでより綺麗に
効果の高い脱毛施術を行いたいのであればそういった点も気にする必要があります。
そういった意味ではミュゼプラチナムや脱毛ラボで採用されているS.S.C脱毛というのは
綺麗でかつ痛みも少なく脱毛の施術をすることができる初めて脱毛サロンに通う人にとっては
安心できる脱毛方式の一つなのではないかと思います。
一概に海外製品だから悪いということではなくしっかりと効果や方法にまで注目することが大事です。

IPL脱毛というのは、エステサロンでよく用いられる脱毛法で、インテルスパルスライトという光エネルギーを駆使して、毛根を消滅させるという脱毛法になります。医療レーザーに比べて痛みが少なく、脱毛初心者におすすめの脱毛法です。基本的には、医療レーザーでのムダ毛処理と似ているのですが、痛みがほとんどなく、IPLを照射されている部分が温かく感じる程度です。IPL脱毛は、毛のメラニン色素たけに効果を発揮するのが特徴で、光を吸収した毛が発熱し、たんぱく質が熱変化することで脱毛していきます。メラニン色素だけを変化させて毛と毛根を処理していくので、肌に与える刺激が少なく、痛みや熱さが比較的軽いので、レーザーなどでよく起こる火傷のリスクがありません。光エネルギーを使う脱毛法なので、IPL脱毛の場合、照射と停止を繰り返す事で肌の温度が上がりにくく、肌へのダメージを気にする人に向いています。メリットは、1回で10×20mm程度と、広い範囲で脱毛できるところです。施術範囲が広いので施術時間が短く、効果の高さと共に今、人気のある脱毛法となっています。
銀座カラー IPL脱毛