長年、電子書籍元年と言われ続けて来た日本の書籍市場ですが、アマゾンの力によりようやく本格普及の兆しが見られ始めています。
しかし、皆様はこの電子書籍を利用された事がおありでしょうか?以前読んだ記事によれば、日本人が1カ月に使う書籍代は平均で1000円未満との事なので、そもそも日本人にとって本を買う事自体、稀な事なのかも知れません。
と考えれば、電子書籍を買うと言う事もやはり稀な事になるのではないでしょうか?所で、日本各地に図書館があり、そこでは無料で本を読む事が出来ますが、しかし電子書籍の場合、貸し出しサービスを行っている図書館は余りありません。
なので今現在の状況から言えば、電子書籍を読もうとすれば、すなわちこれを購入するケースが一番多いのではないでしょうか?従来の紙の本だとタダで読めるのに電子書籍だとお金を出す必要がある、となれば益々これを読む人がいなくなります。
折角、電子書籍には場所を取らない、本の中身の検索ができると言ったメリットがあるのですから、この様な問題を解決し、電子書籍が普及して行って欲しい所です。

広告本の高価買取